英語は短期集中で伸ばす!とっておきの学習のコツ。

英語、短期集中で成功のピースサイン

突然の海外赴任や英語でのプレゼンテーション。

急に英語が必要なシチュエーションがきたら不安でしょうがないですよね。

でも、慌てなくても大丈夫。
なぜなら英語は短期集中で伸ばすことができるもの。
むしろ語学の習得は、短期集中で一気にやりきる方が望ましいのです。

忙しいビジネスパーソンこそ必見。ここでは、これまで400名以上の方にレッスンを行い、英語脳構築のサポートをしている私が、短期集中で英語力を高める方法をお伝えします。

もちろんビジネス英会話にも効果的。ビジネス英会話も同じく短期集中で身につけられます。 短期集中学習で、英語や英会話に対する不安を自信に変えて、一生涯のスキルを身につけましょう!


この記事を書いた人
牧野隆幸
​牧野 隆幸(まきの たかゆき ) シニアトレーナー
大学・自治体プログラム TOEIC講師として登壇。純日本人の英語トレーナーとして、一般企業や国際的な交流協会に勤務・従事しています。少人数制グループをメインとしながら計400人以上の方々に英語をお教えしてきた私が、実践的な英語学習法をご案内いたします。

聞いて納得!英語習得は短期集中の方が向いている理由。

英会話、納得のサイン

なぜ英語の習得に短期集中が向いているのか?
短期集中学習こそ、英語力を獲得するのに望ましい英語学習法だと言えます。たとえ独学でも短期集中して勉強することができれば、留学にも勝る効果上げることができます。

それは、短期集中が「記憶の定着」「モチベーションの維持」に関係してくるから。
英語ができる状態。それは、瞬時に英語の意味が理解できて、瞬時に言いたいことが英語で出てくる状態と言えます。日本語でのコミュニケーションと同じ状態ですね。

英語を覚えるから、英語を身につけるに

英語でその状態になる為には、適切な量のインプットと、繰り返しのアウトプットによって英語脳の筋肉を強める必要があります。(*日本語を介さず英語を英語のまま捉える脳の状態を「英語脳」と定義しております。)

特に、短期集中で繰り返し英語のアウトプットを行うことによって、記憶の定着を強めることが可能となります。ポイントは「英語を覚えている」という状態から「英語が身についている」という状態にもっていくこと。

なんとなく英会話の学習を続けるだけでは、なかなか身につきません。短期集中で一気に築きあげることが重要なポイントです。

短期集中で英語の伸びを実感→モチベーションキープの好循環

さらに短期集中で英語力の伸びを実感できることが、勉強スタート時の英語熱の高まりをキープすることに繋がります。この点も、英語学習にとって短期集中が望ましい理由です。

もちろん短期集中といって、とにかくスパルタに詰め込み勉強することを推奨しているわけではありません。むしろ従来の暗記学習では逆効果。短期集中で結果を出すための英語学習法をしっかり理解してスタートすることが肝要です。


どのように短期集中で英語勉強をするのか?


短期集中で英語力・英会話力を獲得する為に、絶対に欠かせないポイント。それはプランニングです。

1 「学習期間の設定」
2 「何をどこまで勉強するか」
3 「毎日の学習スケジュールと管理」

勉強スタートに先立ち、まずは上記のプランニング(目標設定と計画)をしっかり行いましょう。すぐにでも英語の勉強に取りかかりたい気持ちは抑えて、まずは「プランニング」が、成功のポイントです。

1 「学習期間の設定」
学習期間は最長でも3ヶ月以内、1日の学習時間はできれば2時間以上で。
まずは「やってやる」と心に決めて、学習期間を決定してしまいましょう。まずはそこからです。

2 「何をどこまで勉強するか」
次に何をどこまで勉強するかです。
特に独学の場合、短期集中学習の成否を分けるのは、自分にとって適切なテキスト選びができるかがポイントです。

「単語力、文法力、リスニング力、英会話力…」
テキスト選びのポイントは、音源がきちんとしていることと、難しすぎないこと。
ボリュームは少なくて大丈夫です。

*おすすめテキストはこちらのブログ(項目3)をご参照ください。基礎からきちんとやり直せます。

「英語のやり直し。一からスタートする最適学習法」


後述しますが、勉強法さえ間違えなければ、どんなテキストでも短期間で英会話力を身につけることができます。まずは自分のフィーリングにあったテキストを目的別に1冊選びましょう。

3 「毎日の学習スケジュールと管理」
学習期間も1日の勉強時間も設定し、やるべきことも決めた後は、具体的な日々のスケジュール設計です。
まずは向こう1週間の勉強予定を手帳等に書き込みましょう。

朝時間の活用、移動時間、仕事の後、夜寝る前。
15分刻みを目安に、ざっくり1週間分のスケジュールを立ててみましょう。

そして、実際に勉強をスタートした後は、前日の振り返りと、翌日のスケジュール確認を毎日行うようにしましょう。
ポイントは、これを行う時間を決めてしまうこと。これで毎日のリズムが生まれてきます。


短期間で英語力を高めた人の実例

ここでは短期集中トレーニングを実際におこなって英会話力がグンと伸びた受講生の実例をご紹介いたします。

Mさん (男性30代半ば。東京在住)
学習期間:2ヶ月半
目標:学会での英語プレゼン

受講前のMさんの悩みは、ある程度英語でコミュニケーションはとれるが、ビジネスレベルの英会話力に自信がないこと。目標はビジネスでのプレゼンに使える英語、特にプレゼン後の質疑応答に困らないレベルの英会話力を身につけたいとのことでした。

短期集中であれば時間も英語に優先的に振り向けることができるとのことで、学習期間は2ヶ月半、1日の勉強時間を2.5時間に設定。

 短期集中スケジュールの一例  (短期集中スケジュールの一コマ)

メインとして1週間に1回、各2.5時間の英語トレーニングを行いました。メイントレーニングでは、実践的なプログラムに加え、日々の勉強法の確認、修正、モチベーションUPと維持を図ります。

日々のトレーニングは、基本テキストを中心に、プランニングに基づく英語学習&フォローの毎日。
時間が取れる限り、リスニングとアウトプットの強化をメインとしたデイリーレッスンも受講。(週2〜3回)
さらにネイティブによる英会話チェック&トレーニングも交えます。

Mさんの短期集中学習成功の秘訣は、スタートしてから最初の3週間を一気に走りきって、英語の学習を日々の生活に溶け込ませることができたこと。

「最初はとにかく新しい発見の連続で、英語を身につけるのが楽しくてしょうがない。」との言葉どおり、今まで味わったことのない勉強法がモチベーションの継続に繋がりました。

また「短期間で終わりが見えていたこと」、「やるべきこともシンプルで明確だったこと」が、決め手のようです。

発音、リスニング、文法といった基礎のレベルUP、繰り返しアウトプットによる基本構文の定着、何より「自分の言いたいこと」が、すっと英語で自然に出てくるようになるアウトプットトレーニングが、短期集中学習の効果を産みました。

「正しい英語学習法」 × 「継続する力」 × 「短期集中」 = 「英語が身につく」

この法則を信じて走り抜けたからこそ得られた成長の結果でした。

短い時間で英会話力を高める学習のコツ

英語 成功

英語力を獲得する為には、正しい勉強法で行うことが必須です。
短期集中であればなおさらです。
ここでは、どのように学習すれば短期集中で結果を出せるのか、おすすめの勉強法をお伝えいたします。

おすすめ短期集中トレーニング手法

短期間で結果を求める場合、まずはそもそもの目的をしっかり把握しましょう。
あなたが必要とする英語力・英会話力はどのようなものでしょうか。

(1)例えば英語プレゼンの為であれば、とにかくその準備に集中した方が、短期間で結果が伴います。
プレゼン内容、スピーキング力(発音、話し方)、質疑応答の想定等、具体的な対策が可能です。

(2)ビジネスでの海外出張であれば、とにかく想定されるシーンをイメージして、そこでの英語のやり取りを具体的に鍛えていく方法をとりましょう。

挨拶から始まり、簡単な自己紹介、業務のアピール、ややくだけた場面での家族との会話、その国のこと、日本のこと。
特に自分が話したいことを英語で話せるよう、しっかり準備することで、コミュニケーションは相当楽になります。

(3)目標がTOEIC等の点数の場合、やはりTOEIC等の対策に特化して勉強する方が成果がでます。
あまりに短期間だとテクニックに頼らざるを得ないですが、できれば基礎力の向上も一緒に行いたいですね。

(4)海外赴任や、今後を見据えて総合的に英語を伸ばしたい場合でも、もちろん短期集中が効果的です。後述の実例を参考にご自身の勉強方法を組み立ててみましょう。
 

ビジネス英会話も数ヶ月で。基礎単語レベルからでも大丈夫。


ビジネス英語の獲得を目標とする場合であっても、スタートは基礎単語レベルの状態で全然問題ありません。短期集中で一から積み上げることが可能です。

英語に限らず語学は正しく学習すれば、短期間で使えるレベルになることが可能です。

また日本人の場合、義務教育で英語を習ってきていますので、本人が思っている以上に実は基礎が身についているというケースが多いです。
短期集中学習にスタートのレベルは関係ありません。

必死になれる環境に飛び込むことが英語を短期集中でマスターするコツ

短期間で達成

短期集中といっても3日坊主では残念な結果になってしまいます。
成功するコツは継続です。

独学?それとも英会話スクール?(レッスンは必要か)

 ご自身で学習プランを立て、そのプランに沿って学習を継続できるなら、独学でも問題なく英語をマスターすることができます。

独学で陥りがちな罠は、テキスト中心のいわゆる「目」で行うインプット学習ばかりになってしまうこと。
語学習得の成功のポイントは、「音」にこだわることです。「口」と「耳」を多用するよう心がけてください。

また、独学とはいえ、オンライン英会話等の実践をうまくプランに組み込むことが成功のコツです。

「今回こそ絶対に結果を出したい」
「効率よく英語を身に付けたい」

という方は、英会話スクールを積極的に利用しましょう。
この場合、ネイティブによる英会話レッスン中心のスクールやオンライン英会話よりも、短期集中に特化した英語スクールがおすすめ。

なぜなら近年各社とも「英語力を伸ばす」という結果を出す為の研究が盛んで、その多くは、人間のやる気と記憶のメカニズムに基づいたプログラムで成り立っているからです。

2ヶ月半で留学レベルの効果も!短期集中講座の例

私どもの短期集中レッスンを例にあげますと、

・カウンセリング(現状レベル確認、目標確認、設定)
・週1回の短期集中学習コース(メインレッスン)
・毎日開講の目的別英語強化レッスン(デイリーレッスン)
・毎日の進捗管理とコンサルティング

を組み込み、10週間(2ヶ月半)という短期集中で、みっちり英語のトレーニングを行い、英語力を引き上げます。

ポイントは、英語へのやる気を高め、正しい勉強法でトレーニングを行い、日々のモチベーションをキープすることです。
気づいたら最初の熱量そのままに2ヶ月半が過ぎ去ったという状態が理想の姿。

目からうろこの勉強法でワクワクしてもらい、英語力の向上に充実感を味わいながら、2ヶ月半を走り抜いてもらうプログラムを用意しております。

日本を離れて英語の合宿。海外留学もおすすめ。

 英語学習において、海外で英語しかない環境に身を置くことは有効な選択肢の一つ。
目にするもの、耳にするものも全て英語。もちろん会話も英語。
毎日が英会話レッスンであり、話すしかないという環境が英会話力を向上させます。いわば強制的な英語合宿ですね。

ただし注意点がひとつだけ。それは「正しく英語を身につける」という考え方と姿勢。これを意識して勉強をしないと中途半端な英会話レベルで終わってしまいます。

短期集中で英語を伸ばすなら、短期集中に特化した英語スクールか、意識した留学をおすすめします!


本気で英語の成功を求める方に


多くの日本人が苦労している英語。
周りが苦手としているからこそ、英語を話せるとビジネスでも大きなアドバンテージとなります。

英語への熱が高まっている今こそが成功の第一ステップです。
本気で成功を求めるなら短期集中で、英語力を一気に引き上げましょう。

英語は短期集中で結果が出るもの。
次の一歩を踏み出して世界を広げていきましょう!




   



30日間無条件で返金保証。
イングリッシュベイ青山が、
新しい英語習得法をご提案します。




 
こんな悩みを
抱えてはいませんか?



  • ビジネスシーンで、自分の英語が全く伝わらない。  
  • 突然の海外転勤を言い渡され、すぐに英語を身につけなければならなくなった。
  • 英語をやり直したいが、そもそも勉強方法がわからない。
  • 留学に行く予定だが、英語力に不安がある。  


イングリッシュベイ青山の
短期集中トレーニングが、
あなたのお悩みを解決します!


短期集中トレーニングの
詳細はこちら





PAGE TOP