おすすめ英会話学習法!英語初心者のやると良いこと・悪いこと

英語、初心者

英会話の必要性がグングン上がり続けているこの世の中で、誰でも一度は「英会話を身に着けたい」と感じたことがあるはず。

「初心者だけど、何となく英会話ができたらなぁ」
「仕事でビジネスレベルの英会話が求められそう…!」

レベルや状況は人それぞれですが、初心者でも上級者でも、英会話を効果的に学習するための共通の学習方法は存在します。

今回の記事は、計400人以上の方々に英語をお教えしてきた私が、まずは初心者の観点で「英会話を確実に身に着けていく方法」をお伝えします。

もちろん初心者だけでなく、上級者のやり直し学習にも通用するような内容です。
この記事を参考にしていただき、もう学習方法に迷わない「英会話ライフ」を実現させましょう!

学習を始める前に英会話初心者がすべきこと

英語、初心者

「明確な目標」を設定して、継続を可能にする


英会話を学ぶとき、一番難しいことは何だと思いますか?
それは、教材選びでもスクール選びでもなく、英会話へのやる気を日々持ち続けることです。

その日によってやる気が上がったり下がったりするのは、仕事や趣味など、英会話以外のケースでもよく起こることなので、皆さんも想像しやすいと思います。

やる気を安定化させるためには、英会話の学習を始める前にしっかりと「目標設定」を行うことが重要です。

この目標設定に役立つのが「SMARTの法則」です。

この法則は目標達成の実現可能性を高めてくれる考え方であり、“SMART”とはこの考え方を構成する各要素の頭文字から名づけられています。

Specific(明確な):設定した目標は明確か
Measurable(測定可能な):目標達成の状況を測定できるか
Achievable(達成可能な):現状と理想のバランスが取れているか
Relevant (関連性がある):自分の価値観やミッションに適っているか
Time-bound (期限のある):達成までの期限を設けているか

ここでは初心者レベルの方の目標設定を一例として挙げてみます。

【英会話初心者の方の例】

[S]明確な:海外旅行で「ホテル」「お店・レストラン」「困った時」の場面の英会話フレーズを身に着ける
[M]測定可能な:それぞれの場面で5フレーズずつ、計15フレーズを使えるようにする
[A]達成可能な:高校までの英語は理解できるので、そのレベルにあったフレーズを選ぶ
[R]関連性がある:もともと海外旅行は好きだが、過去に自分の要望を伝えられなかった経験があるので、要望を伝えるフレーズを中心に身に着ける
[T]期限のある:2か月後のアメリカ旅行までに達成する

上記の目標を文章にまとめると、『2か月後のアメリカ旅行までに、「ホテル」「お店・レストラン」「困った時」に、要望が伝えられる、高校英語レベルの英会話フレーズを、各場面5つ、計15フレーズを覚える』という具体的な目標になりました。

ここまで具体的な目標であれば、やる気が下がって「今日は勉強やめよっかな」と思った時にも、思いとどまることができるはずです。

目標設定は今後の学習の土台を担う重要なプロセスなので、英会話を学びたい方はこの法則で目標を立てることをオススメしますよ!

自分のレベルにあった教材を1つ選ぶ


目標の設定ができたら、次はその目標に沿った教材探しです。

特に初心者の方がよく陥りがちな落とし穴が、「必要以上に教材を揃えること」「自分のレベル以上の教材を選ぶこと」です。

上で書いた目標や継続の観点からも言えますが、英会話学習は筋トレとよく似ています。

筋トレなら前者は「必要以上に筋トレ用具を揃える」ことで、後者は「自分のレベル以上の重量のダンベルを選ぶこと」と言い換えられるでしょうか。

こう言い換えると、何となく長く続かない想像がつきますよね?
個人的には、教材をたくさん揃えることも、自分に負荷をかけることも、どちらも気持ちはよく分かります。

ただこういった行動は、それだけで大きな満足感を得てしまい、結局続かなくなるというリスクを含んでいるのです。

英会話に究極的に必要なのは、「目標を持って日々継続する」こと。
そのためには時間を掛けてでもいいので、本でもアプリでも「コレだ!」と思える納得のいく教材を、ご自分の目標とレベルの観点から1つ見つけてみてください。

そしてその教材を何回も何回も使い倒して、頭で考えることなくその内容が瞬時に口から出るほど反復をすること。

1つの教材の内容をマスターできれば、英会話に対する景色が違って見えるはずです。

学習環境を整えて習慣化する


目標を設定して、教材も準備できたら、あとは「どこで」「いつ」英会話の勉強をするか、学習環境を整えるプロセスです。

しつこいようですが、英会話を身に着けるには「目標を持って日々継続すること」が重要です。
仮に週1回のレッスンに通っていたとしても、残念ながらそれだけでは不十分。

英会話を身に着けるには、日々継続して学ぶために日常生活と英会話学習を上手く共存させることが必要です。例えば、通勤・通学の電車の中やお風呂、トイレ、ランチタイムなどを活用してみるといいでしょう。

机に向かって集中して英会話を学習できるのが一番理想ですが、学習を習慣化するにあたりハードルの低いシチュエーションからコツコツと始めてみてください。

初心者の方は、まず1日10分を英会話のためだけの時間として捻出してみてください。
もちろん30分でも1時間でも時間は長い方が好ましいですが、大切なのは習慣として継続すること。

人は3週間継続できたら、習慣化できると言われています。

習慣化のためには、スケジュール帳に「何時に何分間学習する」というのを書いて可視化するのも効果的です。

設定した目標を達成するため、その目標に沿った教材を使い、習慣化できるスケジュールで英会話を学習する。
これができるだけでも、世の中の英会話学習者の1歩2歩先を進むことができるはずです。

逆に初心者レベルではしなくていいこと

英語、してはいけない

ネイティブのオンラインレッスン&マンツーマンスクール


日本語が話せない外国人による英会話レッスンやスクールは、初心者の方にはあまりおすすめできません。どちらかというと、上級者が英会話スキルを錆びさせないための手段として活用されるべきものでしょう。

初心者の方が英会話を学ぶ際には、日本人がハマりがちな罠をしっかりと理解し、そこから脱出する方法を知る必要があります。

その罠とは、「英語を日本語に変換」してしまうこと。

英語ネイティブである外国人は、この罠にはまった経験がないため、脱出方法はおろか、罠の存在すら知らない可能性があります。
初めのうちは、英語を英語のまま理解するための方法を知っている日本人から、英会話の心得を学ぶことをおすすめします。

会話フレーズを全部丸暗記


英会話のフレーズを身に着けることは悪いことではありません。しかし問題なのは「暗記」という方法です。

例えば教材にあるフレーズを全て暗記しようとしても、多大な労力が掛かる上に、フレーズによっては一生使わないようなものもあるため、リターンが少ないのです。

初心者の方が英会話のフレーズを身に着けたい場合は、まずは対象を絞ることが大切。

例えば上で挙げた、海外旅行での英会話が目的の場合のように、自分がそのフレーズを使う場面を容易に想像できるフレーズだけを、優先的に身に着けていきましょう。

そして暗記のように頭だけを使って覚えようとするのではなく、耳と口をしっかり使って、いつでも実践ができるようイメージしながら練習をしてみてください。

英語音声の聞き流し


英会話音源の聞き流し教材が一時期流行りましたが、これも初心者の方には扱いが難しい教材です。

会話で使う部位は耳と口ですので、インプットの手段である耳だけを鍛えても英会話ができるようになるわけではありません。

口からアウトプットすることを前提として、自分のスピーキングレベルに合わせた音声教材を選ぶことが大切です。英会話の学習には、繰り返し口を使うことが欠かせないのです。

音声教材を使って英会話の練習をする際には、耳を鍛えることだけにフォーカスするのではなく、耳と口の両方をトレーニングできるような教材を選んでみてください。

おすすめの英会話学習方法

英語 おすすめ

英語学習の手順は単語から


ある程度長い期間をかけて、英会話を操れるレベルになりたいと感じている方は、まずは何よりも「単語力」を上げることをおすすめします。

初心者の方には、単語は比較的とっつきやすい学習法なのではないでしょうか。
しかし前述の英会話フレーズの定着方法と同様に、英単語を覚えるときも暗記に頼ってはいけません。

耳と口を使いながら、その単語をイメージして定着させるやり方が理想的です。

シンプルなやり方ではありますが、これが日本語を介さずに英語を英語のまま理解するための近道になります。

単語の教材を選ぶときは、単語のレベルはもちろんですが、レビューなどを見て音源への評価も選定基準にしてみてください。
単語学習の際に、このイメージ化のやり方に慣れることができれば、英会話のフレーズや文章を身に着けるときも必ず役に立つでしょう。

コツは耳と口を使うこと


これまでも何度かお伝えしてきていることですが、英会話は「耳」と「口」を同時に駆使して学ぶのが一番です。

日本人にありがちな「リスニングのために耳だけ」や「リーディングのために目だけ」のように一つずつ鍛えて二度手間・三度手間になるより、「耳」と「口」を同時に鍛えるよう意識することで、英会話は効率的に学べるようになります。

初心者の方でしたら、この効率の良さを最大限発揮して、スタートから耳と口をしっかりと使って、普通の日本人より早いペースで英会話をマスターしていきましょう。

上級者の方でも、今まで耳や目を鍛えているのなら、相乗効果を狙えるように「口」を同時に使いながらトレーニングしてみてください。

とにかく教材本・アプリを繰り返し使い込む


そして最後にお伝えしたいのが、1つの教材を何度も繰り返し使うのが重要ということ。

本でもアプリでも「コレだ!」というものを、内容が勝手に頭に浮かんでくるレベルまで使い込んでみてください。

1年以上同じ教材を使い続けても自然なことですし、実際に私は6年間同じ単語教材を使い続けています。この教材は長く愛用しすぎて、今では絶版してしまったみたいです。

教材に愛着が持てるくらい使い続けると、考えるよりも早く、瞬間的にその内容をアウトプットできるようになるはずです。

英会話でも何でも、コミュニケーションでは瞬発力が求められるものです。

複数の教材で「広く浅く」学んで、思い出すのに時間が掛かる英会話スキルを身に着けるか。
とことん1つの教材に集中して「狭くても深い」英会話で瞬間的なやり取りを可能にするか。
実践の場でどちらが効果的なのかは明らかですね。

ぜひ皆さんも愛着が湧くような教材に出会って、その教材を長期間使い込んでみてください。

まとめ

英語 成功

英会話をどうやって学べばいいか、初心者の方は特に迷うものです。そして意外にその方法を教えてくれる人は周りにいないもの。

今回は英会話を効率的に学ぶために、

・英会話初心者がすべきこと
・逆に初心者がしなくていいこと
・おすすめの英会話学習方法


これらのトピックを中心に、初心者の方の目線で英会話学習の「いろは」をお伝えしてきました。

上級者の方の中には、学習していく途中でこういったコツに気付き「もっと早くに知っておけば…」と悔しい思いをした方もいるはず。

英会話の学習を続けていくには道しるべとなるような信条があると、途中で迷ったり止めたりする可能性を下げることができます。

ぜひ初心者の方には特に、今回の内容を参考にして自分のための「英会話学習の信条」を作り上げて、効率的に英会話をマスターしていただきたいです!





   



30日間無条件で返金保証。
イングリッシュベイ青山が、
新しい英語習得法をご提案します。




 
こんな悩みを
抱えてはいませんか?



  • ビジネスシーンで、自分の英語が全く伝わらない。  
  • 突然の海外転勤を言い渡され、すぐに英語を身につけなければならなくなった。
  • 英語をやり直したいが、そもそも勉強方法がわからない。
  • 留学に行く予定だが、英語力に不安がある。  


イングリッシュベイ青山の
短期集中トレーニングが、
あなたのお悩みを解決します!


短期集中トレーニングの
詳細はこちら





PAGE TOP