英語学習者が陥りがちな過ちとは?

突然ですが、質問です。

今あなたが行っている学習方法、本当に効果は出てますか?

英語の上達を実感できていますか?

これまでのLINEマガジンでお伝えしてきたように、英語には正しい学習法というものが存在します。

ただ残念ながら、日本人の多くがこの正しい学習法を把握できていません。

世界共通のコミュニケーションツールである英語を、どうやって学べば効率的に身に付けられるのか。

ほとんどの人がこれを知らないまま、ただやみくもに勉強しています。

でもこれ、仕方ない話なのです。

私たちはいわゆる受験英語のために、中学・高校6年間という貴重な学習時間を捧げなければいけませんでした。

しかしこんなにも長い時間を割いてきたのに、文法だの暗記だの和訳だの、受験で点数を取るための勉強方法しか教わってこなかった。

これこそが最大の原因です。

こうして正しい英語学習の方法を誤解したまま大人になってしまった結果、いつまで経っても英語を話すことができないと悩む人がたくさん発生しています。

今回はそんな根深い誤解が引き起こす、多くの日本人が犯してしまっている英語学習に対する過ちを4つお伝えしていきます。

1つでも当てはまったら要注意です。

覚悟しながら読み進めてくださいね。

1. マインドよりテクニックを重視する

いきなり「グサッ」と来る指摘なのではないでしょうか。

非常に残念なことに、日本の英語教育は誇大広告で溢れています。

電車に乗れば英会話スクールの広告、書店に行けば英語テキストのポップ広告。

そのどれもが「短期間で」とか「これをやるだけで」といった、小手先のテクニックをアピールするものばかりです。

こんな広告が横行してしまうのは、英語習得のためのコアな学習法を学ぶよりも、テクニックを学んだ方が即効性があるように見えるという理由からです。

英語学習に中高6年間を費やしても英語を話せない、そんな日本人の焦りやコンプレックスを刺激するような広告的戦略ですね。

でもこういうことを書くと、

「いやいや、そういうのって受講者や購入者のリアルな声が書いてあるじゃないですか。」

「だからきっと信用できますよ!」

そんな意見も聞こえてきそうですね。それも一理あります。

確かにそのテクニックを駆使して英語力を向上させられた人は存在するでしょう。

ただし、それは「その人」だからこそ成功したのです。

英語力向上に成功した人は、誰もが自分なりのゴールとプロセスを具体的に設定していています。

そしてそのゴールとプロセスを実現させる選択肢として、必要なテクニックを適切なタイミングで実践しているだけなのです。

つまり英語の勉強方法で頭を悩ませる前に、

「英語力のある〇〇になりたい」「英語が話せるようになったら〇〇をしたい」

というあなた独自のマインドセットをまず用意しておくことが重要なのです。

これまでこのLINEマガジンでも、

【あなたが英語を身に付けたいと思う理由はなんですか?】
【英語が身に付かない人に不足しがちな「主体性」】

といった記事のなかでマインドセットについてお伝えしてきました。

もし広告に踊らされたまま誰かの後追いや真似ばかり続けていたら、

「あれ?自分のやりたい英語ってこんなんだったっけ?」

というように、いずれ思い描いていた自分と現在の自分との間にギャップが生じることになります。

このギャップが原因となって不安や迷い、あるいはモチベーションの急激な低下までも招きかねません。

英語を学ぶ上で本当に大切なのは、何があってもブレないような自分独自のマインドを持つこと。

英語学習のテクニックは、書籍・テープ・CD・駅前留学・アプリなど、時代とともに変わってきました。

でも、英語習得のためのマインドは時代を超えて不変です。

「早く英語力を身に付けたい」と焦る気持ちを落ち着かせて、まずは英語習得に対するマインドを具体的にセットすることから始めましょう。

2. 成果がすぐに出ると期待する

これも小手先のテクニック広告に踊らされてしまった結果ですね。

日本人は「英語を身に付けるのって難しい」と考えている割に、すぐに成果が出ることを期待しています。

英語を数か月間学んでみても、全然話せるようにならなかったからあきらめちゃった。

こういう人は自分の語学能力に対する期待値が高すぎるのです。

ここであるデータをお伝えしましょう。

アメリカ国務省機関のFSIやその他の統計をもとに算出すると、一般的に日本人が英語習得に必要な時間は3000時間と言われています。

このうち中高大の学生時代に1200~1500時間は英語の授業に費やしたとされるので、大人が英語を習得するには少なくとも1500時間が必要です。

1500時間と聞くと途方もない時間に聞こえますが、毎日2時間を英語学習に費やせば2年ちょっとで習得できる計算です。

そう考えるとなかなか現実的な数字じゃないでしょうか?

「いやいや、待ってよ。英語が話せるようになるまで2年もかかるの!?」

こう感じたあなた。気持ちは分かりますが、それはちょっとした誤解です。

あくまで大人が「習得レベル」に到達するまでの時間が1500時間ということです。

もしご自分の目指すレベルが「ワォ、アナタ本当ニ日本人デスカ~?」と驚かれるほどのハイレベルでなければ、もう少し短期間で英語は話せるようになります。

さらに、しっかりと英語学習を続けていれば「ブレイクスルー」という飛躍的な成長段階を経験する人も少なくありません。

こんなケース聞いたことありませんか?

「1か月くらい英語圏で生活してたら、急に英語が聞き取れるようになった!」

特にこういったリスニング能力におけるブレイクスルーは、学習初期に発現する確率が高いものです。

もちろん個人差はありますが、こういった事例は決してフィクションなどではありません。

しかも日本にいながらでもブレイクスルー体験は可能です。

実際に、私の過去の生徒さんにも同じような体験をした人が何人もいます。

ただ、このブレイクスルーを体験したいと思っても、決してすぐに実感できるものではありません。

結局はコツコツと継続して学習を積み重ねることで「1500時間」を日々着実に減らしていくことが重要なのです。

1日2時間前後を英語学習に費やせると理想ですが、難しいなら1日30分でも構いません。

できるだけ毎日欠かさずに続けて、そして具体的な目標を見据えながら日々勉強を重ねていく。

こうした努力とマインドによってやがて英語学習は習慣化されて、その先にブレイクスルーという通過点や、英語習得というゴールが待ち構えているのです。

英語はすぐに成果が出るわけではありません。

でも、正しい学習方法でしっかりと努力を積み重ねていけば、英語を身に付けられる日は必ずやってきます

3. 色々な勉強法に手を出し続けてしまう

もし「成果がすぐに出る」という淡い期待を持ち続けてたら、こうした負のループに陥るハメになるでしょう。

英語を学んでいてすぐに成果が感じられなかったとき、

「きっとこれは自分に向いていないんだ」

とか

「あっちの教材の方が良いんじゃないかな」

と目移りばかりして、結局どれも中途半端な状態のまま途中で投げ出してしまいがちです。

英語のテキストなんかいい例ですよね。

買っては途中で挫折し、また買っては途中で挫折し…

こんな感じで英語テキストに関する知識だけはやたらと豊富な人によくお会いします。

「あのシリーズは人気だから、内容はほとんど同じなのにすぐ新しいエディションが出版されるんですよね~」

なんてことを聞くと「いや、英語についての知識を増やそうよ」と心の中でツッコミを入れたくなります。

本来のテキストの使い方といえば、まず第一に、最後までやり抜くことは当たり前。

そして最後まで終わったらまた最初に戻って、さらに読み込んだりワークをこなしたりテキストを何周も回すのが上達へのセオリーです。

もちろん自分に合わないテキストを買ってしまった場合は無理に何周も回す必要はありません。

ちなみに、テキストだけでなくスクールなどにおいても「自分に合うか合わないか」というフィルタリングは、上でお伝えした「マインド」をしっかりとセットすることでかなりクリアにできます。

マインドセットによって自分の未来像と現在の自分に足りないものの差が明確に判断できるからですね。

話が少し逸れましたが、語学において「広く浅く」はまったく役に立ちません。

理解を深めていない知識や情報は、すぐに忘れてしまうのが語学の悲しいところです。

いろいろな勉強法に手を出すのではなく、「コレだ!」と思うものに集中するように心掛けましょう。

4. ずっと独学にこだわり続ける

英語学習者が陥りがちな過ちの最終形態です。

テクニックを駆使すればすぐに成果が得られると期待し、もしそれがダメならまた他のテクニックを試す。

何もかも全て自分の力で完結させようとするなんて、自分の英語能力を過信しすぎです。

まさにこれまで挙げてきた3つの過ちの集大成ですね。

独学で進めたい人の多くは、

「語学において何が正しいのか、何が必要なのか」

これを理解しないまま勢いで英語を学ぼうとします。

私から見ると、武器も戦術もないまま特攻を繰り返す残念な人です。

もちろん趣味レベルであれば、右往左往するのも含めて英語学習が楽しく感じられることでしょう。

ただ、英語を身に付けて「キャリアを変えたい」「人生を変えたい」と思っている人が、ノープランの状態で英語の世界に飛び込んではいけません。

それは時間と労力とお金の浪費にしかなりません。

繰り返しになりますが、英語習得には正しいマインドセットと正しい学習プロセスが不可欠です。

マインドセットとプロセスが英語学習の方向性を示してくれるからです。

逆に言えば、これらの要素が揃ってはじめて独学でもスムーズに英語学習を進められるようになります。

もし独学で英語を学びたいと考えている場合は、早い段階で「正しいマインドセット」と「正しい学習プロセス」の2つをあらゆる手段で用意できるようにしてください。


さて、今回は英語学習者が陥りがちな4つの過ちをお伝えしてきました。

読んでみてどうでしたか?

もし1つでも当てはまっていたら、英語学習における過ちという落とし穴にハマっている状態です。

少し立ち止まって英語学習についてしっかり考えてみることをお勧めします。

こうして英語学習について考えることは、決して回り道ではありません。

むしろ、あなたにとって英語習得の最短距離を導き出すための重要な手段です。

英語力向上という目に見えた成果を得られるように、今回の4つの過ちをすべて回避できるよう気を付けながらしっかりと英語を学んでいきましょう。

PAGE TOP