ビジネス英語本12冊!メール・会話・電話など各シーン対応

ビジネス英語 本
「ビジネス英語の本は多すぎて選べないっ!」

本屋さんのビジネス英語コーナーには「気づけば気になってた本がない」と焦るくらい、新しい本が次から次へとランキング順に並べられていきます。

ただ、ビジネス英語の本を使って学習するなら、その人気や種類の豊富さに踊らされるのではなく「コレだ」というものを使い込むことが重要です。何回も繰り返し使わなければ、その本のエッセンスを吸収したとは言えません。

そんな「相棒」に出会うには、実際に使った人の声を聞いてみるのが一番。当たりが出るまでビジネス英語本を買い続けたり、買ってすぐ満足して使わなくなったりするのは、生産的・経済的な面からなるべく回避したいですからね。

今回は、月に3冊ビジネス英語本を購入して研究している英語トレーナーの私が、おすすめのビジネス英語本をご紹介します。

自分にあった「相棒」を見つけて、ビジネス英語を習得していきましょう!

初心者~上級共通の心得:ビジネス英語・英会話の勉強とは

ビジネス英語 本

本気でビジネス英語を勉強するために


本を使って英語を勉強するのは、容易さや金銭面で最もハードルが低い勉強法です。ただ、そのハードルの低さゆえに、ビジネス英語本のパフォーマンスを十分に発揮させられていない方も多いはず。

本でビジネス英語を勉強するなら、

・1冊の本を繰り返し使う
・読んで終わり、ではなく実際に英語を使う


これは初心者から上級者まで、ビジネス英語を勉強している全ての方に言えることです。

英語だけではありませんが、勉強は忘却との戦いです。勉強したことを忘れないためには、同じことでも繰り返し学習をし、そして定着を図るために会話やメール、電話などのシーンで実践することが大切です。

「本を買ってもなかなか英語が上達しない」という方は、まずこのポイントを心掛けるだけでも良い結果がもたらされるはずです。

「人気だから買おう」はちょっと待って!


オンラインショップや本屋のランキングで「上位にあるから」という理由で衝動買いするのはおすすめしません。
その本の良し悪しだけが理由だけではありません。本を購入するときは「自分のレベルにあったもの」を選ぶ必要があるからです。

ランキングが高い本ほど万人向けに作られていることもあります。そもそも買った本が簡単すぎたり難しすぎたりすることもあります。
ビジネス英語の本を買う場合は、実際に本屋に足を運んで本の中身を吟味してから決めるのがベストでしょう。

おすすめの勉強法


ビジネス英語を勉強する場合、実践を想定しながら勉強することが理想です。

英会話や電話のフレーズ、もしくは単語テキストであれば、本に付属しているCDや音声データを活用して、音を聞きながら実際に声に出してみてください。ここでは「シャドーイング」が効果的です。

目で読んだだけ、耳で聞いただけの受け身のインプットだけではなく、アウトプットとして口から発声することで、大きな違いが生み出せます。

また、メールの例文集であれば実際のビジネスの場で使うのはもちろん、プライベートの時間に自分のパソコンで打ち込んでみてください。

ビジネスシーンでは余裕や時間がないことも多々あるはず。そんなときに「メールの例文集通りに打った内容が実は的外れなことだった!」なんてことがないように、事前に確認の意味も込めてライティングという形でアウトプットしてみましょう。

本で学ぶ時に、意外に抜けがちな「アウトプット」の観念。実際に使ってみなければ失敗も成功も体験できないため、ビジネス英語の上達は感じられません。

ぜひアウトプットにこだわってビジネス英語を勉強してみてください!

ここからはおすすめのビジネス英語本を紹介していきます。


テキスト:メールの書き方


英文ビジネスEメール 実例・表現1200

Z会 (2,052円)

メールの本文はもちろん、件名や結びの書き方まで網羅されたフレーズ本。会議・契約・見積もりなど、ビジネス英語をしっかりと表現したい場面の例文が、豊富に用意されています。


書きたい表現がすぐに見つかる英文メール

メディカル パースペクティブス (2,052円)

「英文メールとは」を分かりやすくひも解いてくれる本です。件名や結び、実例のみならず、メールの構成の仕方や便利なフレーズなど詳しく教えてくれます。


英文ビジネスレター&Eメールの正しい書き方

研究社 (1,728円)

こちらは上記2冊の本よりさらにアカデミックな印象です。自分のスキルとしてビジネス英語を操るために、正しいメールの構成をしっかり理解したい方におすすめ。


テキスト:会話表現


英会話ペラペラビジネス100

アルク (2,160円)

かなり有名な英会話本。ビジネス英語での会話で頻出する「こんなこと言えたらなぁ」という表現を非常に分かりやすくまとめてあります。音声データの内容も秀逸。


英会話1000本ノック<ビジネス編>

アルク (2,160円)

「ペラペラビジネス」と同じ著者で、いわば実践編。基本的なビジネス表現から会議でのプレゼンシーンまで。ビジネス英語を自然と口から出せるように、ノック形式で繰り返し練習できます。ちなみに著者は、NHK教育でも講師を務めていた実力者。


英会話1000本ノック【本番直前編】

アルク (2,160円)

こちらも上記と同じ著者が書いたもの。「ビジネス英語はちょっと…」という方は、道案内や海外旅行など日常英会話にフォーカスしたこちらの本がおすすめです。NHK教育テレビで培った分かりやすい英語勉強法は一読の価値あり。


テキスト:電話フレーズ


ビジネス英語の新人研修 Prime2 電話のフレーズ

ジャパンタイムズ (1,026円)

「英語の電話コミュニケーション恐怖症」の方には、まずは入門編であるこの本をおすすめします。絶対に覚えるべきフレーズと、できれば覚えたいフレーズに分かれているので優先順位をつけやすいです。持ちやすいサイズである点もGood。


CD付 英語の電話 直前3時間の技術

アルク (1,512円)

レベル的にはこちらもビギナー向けの本。使用している英語もシンプルなものが多く、簡単な電話のやり取りであればタイトルの通り「3時間」あればなんとか乗り切れるはず。ビジネス英語を学びたい方には物足りないかもしれません。


CD BOOK 場面別ビジネス英会話: 決まり表現&シーン別英語実況中継

ベレ出版 (2,376円)

電話だけではなく、会議やプレゼン、交渉の際のビジネス英語をまとめた珠玉の一冊。レベル的には中級以上。ビジネス英語をあらゆる場面で使う方にはぜひ試していただきたい本です。


テキスト:ビジネス英単語本


CD-ROM付 キクタン英会話【オフィス編】

アルク (1,296円)

ご存じ「キクタン」のビジネスパーソン向け単語本。ビジネス英語を勉強したての方にはちょうど良い内容です。ネイティブと軽くコミュニケーションを取ってみたい!という方におすすめです。


ビジネスで1番よく使う英単語 最重要1000語

Jリサーチ出版 (1,728円)

中級者以上の難易度ですが、ビジネス英語として使われそうな単語を網羅しています。この本の単語をほぼ全て覚えられれば、ビジネス英語で使う単語には苦労することは少ないでしょう。


※番外編※ 英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ

コスモピア (1,620円)

ビジネス英語用でもなければ単語テキストでもありません。でもおすすめしたい一冊。ネイティブのように単語を「感覚やイメージ」として捉えるための手段を解説している本です。ビジネス英語や日常英会話、そもそもの英語の勉強の仕方に悩んでいる人には助けとなってくれるはずです。


まとめ:本を読むだけでビジネス英語は習得できるのか

ビジネス英語 本
今回は、

・メールの書き方
・会話表現
・電話フレーズ
・単語本


以上にフォーカスを絞って、ビジネス英語を勉強するための本をご紹介しました。

もちろん本を読んでいるだけではビジネス英語は上達しません。実際に口に出したり、メールを打ったりするなどして、アウトプットすることでビジネス英語を習得していきましょう。

そして自分のレベルやシチュエーションに合う数冊(1冊~3冊程度)を選び抜いて、とことん繰り返しその本を使ってみてください。

実践と反復を心掛ければ、スクールに通わずともビジネス英語を操れる人物になることも可能です。まずは相棒となる本を探しに、書店に足を運んでみてください!





   



30日間無条件で返金保証。
イングリッシュベイ青山が、
新しい英語習得法をご提案します。




 
こんな悩みを
抱えてはいませんか?



  • ビジネスシーンで、自分の英語が全く伝わらない。  
  • 突然の海外転勤を言い渡され、すぐに英語を身につけなければならなくなった。
  • 英語をやり直したいが、そもそも勉強方法がわからない。
  • 留学に行く予定だが、英語力に不安がある。  


イングリッシュベイ青山の
短期集中トレーニングが、
あなたのお悩みを解決します!


短期集中トレーニングの
詳細はこちら





PAGE TOP