なぜ日本人だけが
こんなにも「英語を話せない」のか。

考えたことはありますか?

英語を身に付けるためには、
その根本の原因と効果的な対策を
まず知る必要があります。

日本人特有の英語の壁を乗り越え、
使える英語力を短期で身に付ける。

その実践のための情報コンテンツが
イングリッシュベイ青山の
公式LINEマガジンです。

 

 

LINEマガジンの内容

『英語脳』が身に付く

英語を英語のまま捉えられる思考技術を学べます。私たちはこの思考技術を『英語脳』と呼んでいます。

英語でコミュニケーションを取りたいとき、脳内に日本語を浮べてしまうとかえって集中力や理解力が阻害されることになります。

受験英語などによって英訳や和訳をすることが当たり前となった習慣が、多くの日本人にとって英語力向上の足かせとなっているのです。

可能な限り頭の中から日本語を取り除いて、英語による思考だけでコミュニケーションを成立させることが理想の状態です。

この『英語脳』の身に付け方について、わかりやすく論理的に解説させていただきます。

 

正しい英語学習法が学べる

学生のころ、私たちは受験のために英語を学んできました。

しかし残念ながら、受験英語によって英語がペラペラになった人は、恐らく1人も存在しないでしょう。

つまり、英会話などの実践的な英語として活用するにあたっては、受験英語で培ったやり方は根本から間違っているのです。

受験英語から脱却すること。そして具体的に何が間違っているのかをしっかりと理解すること。

これが本当の英語力を身に付けるための最初のステップです。私たちはそんな受験英語から脱却するためのコツや考え方について情報発信しています。

 

目標達成のための「実践的な英語力」が身に付く

当たり前のことですが、英語を身に付けただけで満足する人はいません。

身に付けた英語力を何かに活かすことができて初めて、それまで積み重ねてきた努力が報われた気持ちになり、満足感を得られるのです。

「英語はツール」とよく言われますが、まさに英語を学ぶことは何か目的を成し遂げるための手段でしかありません。

英語学習に集中してしまうと見失いがちですが、英語を学んでいる人なら誰もが目標・目的を持っているはず。

あなたが本当に達成したいことのために英語を有効活用できるようにする、これが私たちの使命の1つです。

 

自分にピッタリ合う最適な英語学習法を見つけられる

中学高校の英語の先生を思い出してみて下さい。いわば英語のプロであるはずなのに、外資系企業でバリバリ働けるような英語力を持ち合わせていたでしょうか。

そう、日本の英語教師のほとんどが全国共通の英語カリキュラムに沿って授業を進めているだけなので、それぞれの学習者に最適な英語教育を提供することができないのが現状です。

これでは英語を学ぶにあたって何の疑問も抱かずに受験英語にひたすら打ち込む日本人が大量発生してもおかしくありません。

そんな受験英語時代の過ちを繰り返さないよう、英語学習において「何が正しいのか」「何が間違っているのか」を知るための判断基準を養うことが英語を学ぶためには何より重要なのです。

 

「英語ペラペラな自分」がありありと想像できるようになる

英語習得までの正しい道のりを理解できるようになると、あなた自身にとっての英語を身に付けるためのプロセスや、その先にある目標・目的といったゴール地点まで明確にすることができます。

ゴールがはっきり見えるようになると、これまでは「いつか訪れるのかな」「それとも無理なのかな」と漠然と考えていた「英語がペラペラな自分」を具体的にイメージできるようになります。

何か物事を成功させるためには、ゴールとプロセスをしっかりと理解して、その上で正しく進めていくことが求められます。

私たちの発信する情報は、必ずその道しるべとなるはずです。

 

みるみる上達するサイクル」を構築できる

何かを学んでいる場合、前に進んでいる感触があるときほど楽しいことはありません。

英語学習においてもモチベーションの大きな要素となるのが成長の感覚です。

もし「英語が楽しい!と感じたことなんて今までほとんどない…」なんてことがあれば、それはこれまで英語を正しく学ぶことができていなかったことが原因です。

正しい英語学習を構築できれば、自然と成長を実感できるようになり、英語を学ぶことが楽しくなるものです。

モチベーションも英語力も同時に向上していくという、英語学習の理想形を誰もが目指せるように、私たちの英語学習ノウハウを惜しみなく共有していきます。

 

あなたはこんなお悩みを抱えていませんか?

学習法が分からない

英会話スクールにも行ったし、いろいろな教材も買った。それでも英語力に自信が持てない場合、英語の学習法を確立できていないことが根本的な原因です。

そもそも日本の英語教育には選択肢が多すぎるため、英語を学ぶにあたって迷ってしまうのも無理ありません。

だからこそ、どんな学習法が正しいか、あるいは間違っているのか、それを判断するための軸を獲得することが英語力を上げるための最大効率を引き上げる重要ポイントとなります。

イングリッシュベイ青山のLINEマガジンでは、その正しい学習方法を選択する方法をお伝えします。

 

がんばりが報われない

英語を学んでいて一番つらいのが「がんばっているのに報われない」という感情に襲われた瞬間です。

TOEICを何回受けてもスコアが伸びないとか、数年単位で英語を学んでいるのにいまだにスラスラ話せないなど。

「自分って英語の才能ないのかな…」というような悲しい気持ちを経験したことはありませんか?

でも、心配する必要はありません。努力のベクトルを変えるだけですぐに回避できるようになるからです。

さらに言えば、今まで積み重ねてきた努力を、正しい学び方を身に付けることで確かな英語力として開花させることも可能です。

 

習慣化できない・モチベーションが上がらない

英語学習における永遠のテーマ、それは「モチベーション」です。

最初は意気込んでいたのに、どこかのタイミングで必ず飽きてしまうもの。

それはなぜか?シンプルに言えば、楽しさを感じられないからです。

人というものは、「あ!いま上手くなってる!」と成長を実感することで楽しさを感じられるのですが、その感覚を味わうことがなければ逆に嫌気がさしてしまい、やめるきっかけを探し始めてしまいます。

ただ、学習へのモチベーションはやり方や考え方を変えるだけで意外と簡単に好転します。

「効果が出ない英語学習法」しか知らないこと。これが英語に対して楽しさを実感するチャンスを奪い、モチベーションを下げている最大の原因です。

 

英語習得に対するメリットが感じられない

日本で生まれて日本で生きている私たち。英語を学ぶ必要があるのと思ってはいるものの、英語によるメリットを感じづらいこともあるでしょう。

それもそのはず、英語は実践で活用できて初めて価値を感じられるものだからです。

海外旅行でも、TOEICテストでも、転職の英語面接でも、実践の機会を経ることで自分の英語力のありがたみや足りない部分を痛感できるもの。

つまり、学びの段階で挫折してしまえば英語のメリットを感じられないのは当然なのです。挫折を回避するためには、「コレなら間違いない」という信用できる学習法を理解し、そして実践することが大切です

 

言いたいことを言葉にできない

「本当はこういうことが言いたいのに!」と頭では思いながら、どう言えばいいか分からない。

外国人との会話で困ったときは、愛想笑いとか”Yes, Yes!”とか”I’m fine thank you, and you?”みたいな定型文とか、かっこ悪くてもとりあえず何とかやり過ごすしかない。

こんな悔しい思いを経験したこともあるでしょう。

思うように英語が話せない原因、それは日本語と英語を同時に考えようとすることにあります。

実はこの行為、同時通訳をしているくらいむしろハイレベルなものです。

言いたいことが言えるようになるためには、英語を英語のまま捉えること。このシンプルなやり方を学ぶだけで解決することができます。

 

長い英語、速い英語が聞き取れない

映画やドラマの英語を聞き取ること。これかなり難しいですよね。

教材の音声ならなんとか聞き取ることができても外国人のリアルな英語は全然聞き取れない、というお悩みは非常に多く耳にします。

発音などのナチュラルな英語の音や、スラングなどを用いた日常会話の独特な表現もその原因なのですが、一番の原因はそもそも長くて速い英語に頭がついていけてないことにあります。

英語を聞いたあと日本語に訳そうとしていると、あっという間にストーリーに置いて行かれてしまいます。

これも英語を英語のまま捉えることが重要です。このトレーニングの先に字幕なしで洋画を見ることも可能になるでしょう。

 

単語や熟語が覚えられない

学生時代にあれだけ単語テキストを使い込んでいたはずなのに、大人になって頭に残っている英単語はごくわずか。

何なら最近覚えたはずの単語や熟語もすぐ忘れてしまう。こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

単語テキストに付箋を貼りすぎてもはやイソギンチャクみたいになっている学生さんもたまに見ますが、そんな学生時代のやり方だとテスト直前のような短い時間しか記憶には残りません。

単語や熟語を長期保存するためには、右脳を活用した定着術が必須です。具体的に言えば、英単語をイメージと音で頭に取り入れることで長期保存が可能となります。

これこそが、日本語を介さずに英語を英語のまま捉えるための大切な基礎となる考え方です。

 

いざ英語を使う場面になると緊張する

英語を有効活用するために英語を学んでいるのにも関わらず、いざ英語力を発揮する場面になると極度に緊張してしまう。

頭が真っ白になったり、日本語ばかりが頭に浮かんだり、相手と目も合わせられなくなったり。

もちろん場数を踏むことによる慣れも重要なのですが、結局のところ、普段の学習法に納得しながら英語を学べているかどうか、これこそが自分の英語力に対して自信が持てるようになるキーポイントです。

私たちのスクールで正しく英語を学んだ方の中には、むしろ「外国人を見たら話しかけたくなる」というくらい性格が変わった人も少なくありません。

 

 

イングリッシュベイ青山について

「英語を勉強してきたのに喋れない…」

そう嘆く人たちを、
短期間でスムーズに喋れるようにする

これこそ私たちが
得意としていることです。

 

はじめまして。

申し遅れましたが、
シニアスピーキングアドバイザーを
務めている牧野と申します。

 

私たちイングリッシュベイ青山の
立ち上げは2012年。

はじめはボランティアでの
英会話トレーニングという
小さな学びの場からスタートしました。

英語を身に付けたい人たちに対して、
どんな価値を提供できるだろう。

これまで自問自答を繰り返しながら、
実践的な英会話を身につける
トレーニング手法を練り上げてきました。

その数々の研鑽の結果として、

「ハイレベルな講師陣による
 短期集中型のスクール」という

揺るぎない形態をとるようになったのが
今のイングリッシュベイ青山です。

 

イングリッシュベイ青山では、

非ネイティブのトレーナー
英語力のトレーニングを行います。

ネイティブスピーカーや帰国子女など、
「そもそも喋れるのが当たり前の講師」
が教えるわけではありません。

英語を話すことができなかったという
英語学習のゼロ地点から、

『学び』と『実践』により、
英語を習得するまで努力を積み重ねた
精鋭のトレーナーが担当します。

英語を上手く攻略できず悩んでいる人に
寄り添うことができるのは、

同じく苦しい思いをしながら
乗り越えてきた経験を持つ者だけだからです。

そんな自慢のトレーナー陣を、
少しだけ紹介させて下さい。

our trainers

日本での英語教育に限界を感じ、アメリカ四年制大学に入学するため18歳で単身渡米。帰国子女でも何でもない普通の日本人がアメリカで生き延びるため、大学内外での活動を通してリアルな英語力を短期間で磨いた実体験が私の英語力の原点です。その上で積み重ねてきた10年以上の講師経験と独自の語学理論から得たノウハウが最大の強みです。
Takayuki makino
Senior Speaking Advisor
私は皆さまと同じく日本人の両親によって日本で育てられました。小さな違いといえば、幼い頃に友達が英会話に堪能で「私も!」と英会話を始めたことくらい。結果的に英語と長く接することとなり、大学卒業後は国際線CAとして搭乗された方々の考えや文化などに触れるという貴重な経験を得ることができました。自分が親となった今では子女教育の在り方にチャレンジ中。
A.Akahori
Senior Speaking Advisor
幼少期に親の海外赴任によりストックホルム、バーレーン、ニューデリー、メルボルンなど海外を転々とする生活を経験いたしました。オーストラリアの高校在学中にはエンターテイメント事業に惹かれ、大学卒業後レコード会社に入社。現在も音楽や映像、アートワーク事業に携わる一方で、日本人の実践的な英語力の向上に貢献すべくアドバイザーを務めております。
shinji hirao
Senior Speaking Advisor
近年、世界では多言語教育が発展しており、日本でも文部科学省が世界的教育プログラムである国際バカロレア(IB)を急ピッチで導入しています。私自身もIBによって世界基準の国際的視野を得ることができ、また英国ブライトン大学へ留学を通した実践経験も積み重ねてまいりました。イングリッシュベイ青山では、子女教育のシェアおよび英会話トレーニングに従事しております。
Wakana MiyazakI
Senior Speaking Associate

 

イングリッシュベイ青山の理念

私たちの理念。

それは受講される全ての方々に、

「人生の夢を叶えるための
 英語力を身につけてもらうこと」

です。

「英語」自体は目的ではなく、
目的を達成するための手段(ツール)です。

私たちが提供する英語学習プロセスは、

まず英語という手段を通して
実現させたい夢をヒアリングし、

それを達成する最短距離の道筋を
提示することから始まります。

さらにレッスンを継続していく中では、

受講者が挫折したり、
違った方向に進んだりしないよう、

専任トレーナーが伴走しながら
1on1で受講者を支援します。

 

最後に、私たちの提供する
英語トレーニングをご紹介します。

私たちのトレーニングでは、

「英語を英語のまま使えるようになる」

この状態の習得を前提としています。

 

これは英語4技能の
聞く・読む・話す・書く を行うとき、

脳内で日本語を介さず
英語のままやり取りできるような状態になること

を指しています。

この状態を実現するために、
「イメージ」と「音」
重点を置きながら学習を進めます。

語学に不可欠なこれら2大要素により
英語を英語のまま捉えるための
『英語脳』を養っていきます。

暗記や文字に頼っている
日本の従来の英語学習とは
得られる成果に大きな差が生まれます。

 

残念ながら日本人の多くは、

「英語習得」というゴールを
まず達成をしたその後にようやく、

「実践」という次のステップに
進むものだと考えがちです。

英語を話せる人はこの認識が間違っていることを知っています。

繰り返しになりますが、

英語を身に付けることは
ゴールなどではなく、
あくまでツールなのです。

誰にでも英語を身に付けた先に
本当に叶えたいゴールがあるはず。

あなたにとっての本当のゴールは何でしょうか?

その理想のゴールにたどり着きたい

そんな人たちのために、
英語学習のスペシャリストであり続けること。

それがイングリッシュベイ青山の存在意義です。

私たちの思いとノウハウが詰まった
このLINEマガジンで

一緒に英語脳を身に付けていきましょう!

PAGE TOP