コース&料金

英会話 / TOEFL iBT / TOEIC / 発音矯正


  • イングリッシュベイ青山の標準コースの設計はいたってシンプル。

    週1回(全10回)で英語を英語のまま捉える論理思考を修得するメインレッスンと、週2回(全20回)で目的別に実用的な英語力を身に付けるオンラインレッスンの組み合わせです。

    あなた専用のカリキュラムとして、カスタマイズした最適プランを構築いたします。

コース料金


10週間おすすめ標準コース
10週間ミニマムコース
コース料金
(税別)
409,000円 339,000円
受講前カウンセリング
&学習プラン設計
週1回メインレッスン
(1回90分×10回)
週2回オンラインレッスン
(1回90分×20回)
専属トレーナーによる進捗管理
コーチング・質疑応答
学習フォロー
レッスン終了後カウンセリング

*別途、入会金3万円(税別)をいただいております。
*その他、市販のテキスト・ICレコーダー(お持ちで無い場合)の実費をご負担いただきます。



I. 受講前カウンセリングについて


受講前カウンセリングは、正式に受講申込みをいただいた後に行います。目標(ゴール)から逆算した学習プラン(ロードマップ)をしっかり設計いたします。

※レベル可視化にはCEFR(学習者の言語運用能力を客観的に評価するためのヨーロッパ言語共通参照枠)を用います。

※ヒアリングの時間は特に制限を設けておりません。納得のいくまで複数回でも行い、学習をスタートできます。


Ⅱ.
週1回マンツーマンレッスン
(1回90分×10回)

​​

  • 1回あたり90分、全10回のマンツーマントレーニングです。​イングリッシュベイ青山での英語トレーニングの「柱」となるメインレッスンです。

    ​ 練り上げた独自の第二言語修得メソッドに基づき「どうすれば最短距離で語学を修得できるか」という学習法をはじめから丁寧に、そして体系的に理解し、体現できるようトレーニングを積み上げます。


    ​ 受講前カウンセリングによって作成した学習プラン(ロードマップ)に沿って進みますが、多くは私たちが英語脳と呼んでいる思考技術をベースとなる土台から一気に身につけていただくことからスタートします。特にそれまでの暗記中心の語学勉強方法から抜け出し、英語脳の思考技術をどこまで腹落ちさせるかがポイントとなります。

    ー「言いたいことを自然と話せるように」ー

    英語の土台をしっかり築きながら、正しい言語反射トレーニングも積み重ねます。日常英会話の腕をあげるため、具体的にどんな手順でどのような音読トレーニングをすべきか。また日々のトレーニングをどのように行っていくのか、学習を習慣化させる為の目標設定と、目標管理をメインレッスンで行っていきます。

<マンツーマンレッスン概要>
(モデル一例)

 【目標】海外開催のITサミットで英語プレゼン
【スタート時の英語レベル】中学レベル
(一つ一つの単語を理解し、発するだけでも時間が掛かる)


第1回 ・最低限コミュニケーションに必要な英単語の洗い出し
・暗記に頼らない英単語定着法の共有、実践
→「英語は難しい学問ではない」という意識付け
第2回 ・単語テキストの音源を活用しシャドーイング
・文法にこだわらず1単語だけでも会話をしてみる
→発音の細かさより、英語を発生する慣れを優先
第3回 ・文章のルールとして5文型の種類と並びを理解する
・日本人が苦手な発音記号とリンキングを知り、発声する
→語順と音の改善により、英語に対する自信を徐々に身に着ける
第4回 ・5文型を意識しながら会話する
・簡単な英単語を英語で説明する(英英辞典のイメージ)
→英語によるコミュニケーションのベースを築く
第5回 ・レッスン内の英語使用率を上げる(50%→100%に近づける)
・シャドーイングとディクテーションを用いてリスニングの強化
→英語インプットの質を上げ、アウトプットのキャパシティを広げる狙い
第6回 ・結論を先に話す、などの英語の特徴を知る
・会話相手の話の内容を聞き取るためのリスニングスキルを養う
→日本語思考との差異を知り、より効果的な英語コミュニケーションを図る
第7回 ・頻出する英語フレーズの定着
→実用的な英語表現のインプット・アウトプットに慣れる
第8回 ・自分の言いたい事を表現する
・会話相手の話が分からなかった場合に怖がらず質問できる
→会話中に止まらず、他人に頼らず、どんな方法でも表現しきる
第9回 ・本番のピッチを念頭においた5分プレゼンの準備
→第三者からの見え方を考慮しながら、英語のアウトプットを練る
第10回 ・本番のピッチを念頭においた5分プレゼン発表
→人前で英語を論理的に話す訓練
10回目以降 ・終了時点でのカウンセリング
・その後も効果的に英語学習ができる手法の指導
(参考)トレーニング例


「短期語学習得の絶対条件&コツ(習慣化)」

「英語を英語のまま理解するためのイメージ化」

「英語を英語のまま理解するための語順フレーム定着」

「音と動詞の重要性と基礎的な英語処理トレーニング」

「細かなニュアンスまで伝える感情表現法」

「アウトプットの型作りと定着トレーニング」

「日本語を介さない英語アウトプット手法」

「目的別応用トレーニング」

「言語反射トレーニングの実践」


*レッスンを通じて非実践的な義務教育英語トラップの理解と脱却を図ります。

*受講前に設計したロードマップをベースに、それまでの進捗状況も踏まえた上で、その時に必要不可欠なトレーニングを適宜行なっていきます。

Ⅲ.週2回オンラインレッスン
(1回90分×20回)


  • 1コマ90分のオンラインレッスンです。メインレッスンで向上した英語力を試す場となり、アウトプット中心に実践することで学習の定着を図ることを目的とします。

    各回ごとにテーマを持ってレッスンを提供していますので、受講者のレベルや進捗にあわせた必要なレッスンをご受講いただけます。

    英語力の向上には日々の積み重ねが必要です。 このオンラインレッスンをスケジュールの中に効果的に配置していくことで、「モチベーション&時間管理」の継続が容易となります。

    ​ 型にはまりすぎず常に受講者の目標達成に応じたレッスンを心がけています。

<1週間のスケジュール(例)>


月曜日
19:00〜20:30
オンラインレッスン(ボキャブラリービルディング)
水曜日
19:00〜20:30
オンラインレッスン(テーマやロールに沿った英会話)
土曜日
10:30〜12:00
マンツーマンレッスン(英語を英語のまま捉える論理思考)

*内容等は週毎に変動いたします。




まずは無料体験
レッスンから



PAGE TOP